ほんとにWebデザイナーでもできる?Milkcocoaを使ったバックエンド楽ちん実装(1)


Monaca&Milkcocoaで麻雀点数計算アプリsuzumeの符計算練習モードを作る!のが今回の目的。

Webデザイナーでも簡単にできちゃうよ!みたいな記事を読んでその気になったのに挫折してる人がいっぱいいると思います。だって、ドキュメントはいくら読んでもWebデザイナー向けに書かれていませんからね。

ええっ!?だいぶ親切だよ!?

って思ったそこの関係者orエンジニアのみなさん。

黒い画面恐怖症の理解力をなめるなよ?

ドキュメント読んですんなりわかるくらいなら、BaaSなんか使わなくても自分でサーバ立てられるんじゃい!
できないからBaaSに頼っとるんじゃい!
こういうサービスはもともとそのへんの知識がある人たちが、楽したいがために使うものなんですよ。
それを「エンジニアじゃなくてもできちゃう!」みたいな記事のせいで、Webデザイナーでも簡単にできちゃんだな!って勘違いしちゃうんですよヽ(`Д´)ノプリプリ!!

しかもみんなしてPush通知だユーザーのログイン機能だなんだって、そんな話ばっかりして。
そんなことよりデータ保存して取得するのができないんだよ!こっちは!そんなこともできないの!

Monacaでやってること

アプリのコーディング~ビルドまで、Monacaなら簡単。
そう、これはWebデザイナーでも実際簡単にできました。
HTML5/CSS3/Javascriptで、通常のWebページを作るのと同じ感覚でコーディングしていけばOK。

Monacaで作ったアプリがこちら。

BaaS(今回選んだのはMilkcocoa)でやりたいこと

今回はこのアプリで計算された結果をDBに格納して、それを符計算練習の問題として出題したい。
本来だとDB設計したり構築したりなんだりとバックエンドの技術が必要です。

アプリを作りたいな~と考え始めたころ、バックエンドの知識もこれからは身につけないといけないかな~と思ったのもあってバックエンドとかでぐぐっていろいろ調べてみたことがありました。
はっきり言ってわけがわかりません。
無理です。

そのとき目にしていた記事がこれ。

いつかこれ使ってなにかやってみたいな~と思っていたので、これはちょうどいい機会。

そもそもBaaSってなに?Milkcocoaじゃなきゃダメなの?

(´ぅω・`)ネムイ

何言ってるかわからない。

ようするに、バックエンドの開発って大変だよね、わかんないことだらけだよね、そんなとき、自分で作らなくてもバックエンドの機能を提供してくれるよ!!っていうありがたいサービスです。
Milkcocoaにこだわる必要はありません。

私がMilkcocoaにこだわっている理由は、ただ、Monacaと名前の相性がいいからです。

そんな理由で選定すんなよ!と思うかもしれませんが、それが非エンジニア女子Webデザイナーの感覚です。

そんなもんです。

いや、でも、一度挫折しかけたんですよ、その後NiftyのmBaasとかMonacaバックエンドとかもちょっと試してみて、結果としてMilkcocoaじゃなきゃできなかった(私には)。
Monacaでアプリ作るなら、Monacaが提携しているNiftyクラウドmBaaSを使うか、Monacaバックエンドを利用するのがスマートなのかもしれません。
でも、できなかったんだもん。

というわけであくまでもMonaca&Milkcocoaでのアプリ開発!というテーマで書いていきたいと思います。
同じことやろうとしてつまずいてるデザイナーさんがいたら、参考にしてもらえたいいなと。

つづきます